基礎を知る|骨粗鬆症の治療にはビタミンとカルシウムが大切です
ドクター

基礎を知る

待合室

骨同士が喧嘩をしたことで椎体が潰れてしまう症状のことを圧迫骨折と呼んでいます。成人男性に起こるのは大変まれで一番多いのが70代を超える女性に多いと言われています。圧迫骨折の危険性は50代からで正直いつ発症してもおかしくなく中には、悪性腫瘍もあり場合によっては移転・骨軟化症・腎性骨異栄養症の病気になる可能性もあります。これも加齢による骨の老化が原因で強度が下がったことで起こる怖い病気になります。

圧迫骨折は放置すると、悪化してしまう為早急に対応が必要になります。主な症状は後遺症です。加齢になってくると圧迫骨折になる確率が十分上がりますが万が一骨が潰れても癒合すればある程度症状が緩和されます。しかし骨が中々くっつかないので完治するまで時間がかかるのが少々ネックではあります。更に、折れた骨が神経を圧迫することが考えられこれを破裂骨折と呼んでいます。症状の特徴は、骨がくっついた後も圧迫感が残ることです。痛みや痺れが長期間続いたり変形したままくっついてしまったりなど後遺症に悩まされる人も少なくありません。圧迫骨折をした場合は、そのままにせず有効的な治療をしていきましょう。正しい治療法なら、後遺症に悩まされることもありません。圧迫骨折の治療ポイントは、安静にしておくことです。それを徹底して行なえば三ヶ月から半年で骨がくっついてくるでしょう。痛みが引かない場合は圧迫骨折に強い專門クリニックを活用していけば何かヒントが得られるかもしれません。保存療法と手術療法の二つが圧迫骨折の治療方法になります。